2017年01月

    19: 名無しさん@おーぷん 2017/01/28(土)21:42:13 ID:YIo
    「OKINAWAに行かない?」

    いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。
    「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。
    「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。就職決まったらね」
    「そう・・・」母は残念そうに電話を切った。 急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。

    それから半年後に母が死んだ。癌だった。 医者からは余命半年と言われてたらしい。
    医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。
    父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、
    パートをして大学まで行かせてくれた母。
    OKINAWAに行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。

    叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。
    パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。
    絵日記には

    「今日はOKINAWAに遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。
    ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」
    ・・・というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。

    自分は大きくなったらお金を貯めて父母をOKINAWAに連れていってあげる。
    というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。
    母はそれをずっと覚えていたのだ。
    そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。

    自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。
    もう恩返しする事が出来ない・・・ 涙がぶわっと溢れてきて止められなかった。

    【切ないコピペ貼ってクレメンス (2)】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/30(月)21:45:18 ID:z7I
    超絶イケボワイ「いつ~もす~~れち~がい~♪」


    ~~~~~~~~~~~~省略~~~~~~~~~~~~


    超イケボワイ「すな~おなに~なぁれない~なら~♪」

    超イケボワイ「よ~ろこびもか~なしみも………」

    ワイ「…っむ…っい…っだ…!……けぇ!!!」

    ワイ「…ぉ…!!…ぃ…!!!!…………!!!!!!!」

    【超絶イケボワイ「こ~な~ゆき~♪ま~う~きせ~つは~♪」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/30(月)18:54:24 ID:eEg
    たった100円でこんな美味しい思いができるのに
    それすらも見えていない程に視野が狭まっている(´・ω・`)

    【お前らって、100円プリンという小さな幸せすら見えてないよな】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/28(土)21:24:33 ID:6vg
    大学生で禿げてる俺は一度だけ合コンに誘われた。
    イケメングループからメンバーが足りないから頼む!と言われたので仕方なしにだった。
    けれど、だんだんわくわくしてきて服を買いに行ったりモテ術の本を読んだりした。
    親に「俺今日合コンだから遅くなるよ!」というと親は「あんまり飲んじゃだめだよ」とうれしそうだった。

    当日、予定の場所に行くと誰もいない。イケメンに電話すると「もうみんな店にいるから早く来い」という
    遅れて登場も悪くない、と思いながら店に入ると地獄が待っていた。
    「うっそ~!!ほんとに禿げてる!!」
    「な?な?俺が言ったとおりだろ?」
    「うわ~キモイwww」
    俺は何が起こったのかわからなかったが、どうやら最初からネタにするつもりで呼んだようだった。
    そのうちイケメンの一人が俺にヘッドロックをかけ、
    「ほらこの頭見ろよ!すげー!!」
    とやってきたので俺は手でそれを振り払った。すると今度は
    「何本気できれてんだよ」「ハゲって最低」「空気嫁よ」
    俺はもう参加する気力も切れる気力もなく店を出た。誰も引き止めなかった。

    家に向かって歩いていると雨が降ってきてびしょぬれになった
    もう情けなくて情けなくて声もあげず泣いてた。
    家に入ると母親に向かって怒鳴った「お前のせいで禿げたんだぞ!!」
    母親も泣いた。俺も泣いた。

    【切ないコピペ貼ってクレメンス (1)】の続きを読む

    このページのトップヘ